07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はるのにおい

■最近のこと■
P2140049_R.jpgP2140127_R.jpg
明治神宮とか神田明神とか花園神社とか行きました。
梅の花がぽつぽつ咲いてて、もうすぐ春だなーという感じ。
今週は暖かいらしいしね。
また色々行きたいです。防衛庁の見学とか今ちょっと行きたい。



と、たまにブログを更新しようと無理して書いてみたけど、ネタがないなー。
殆どtwitterで呟いちゃってるしな。駄目だな。


■三国志のこと■
と思ってたら、面白い記事発見。

日中で違う三国志についての認識 呂布編(「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む さん)
曹操の人気がないって言うのは何となく知っていましたが、呂布はそれ以上って感じで人気がないんですね。
京劇だとコミカルなアホみたいな感じで描かれてるけど、あれは嫌われた結果なの…?
滑稽ってことかしら。
(貂蝉が呂布を誘惑する演目は呂布が可愛すぎて死ねそうです個人的に)
日中の感覚の違いのひとつに、『滅びの美学』を感じるかという部分が大いにあると思います。
三国演義が日本でウケたのも、主人公たる劉備が結局切ない死に方をしたりするのが大きいような…そうでもないような。



と、三国志ネタを久しぶりに書いてたらにゃんにゃんにゃんにゃんなー!!(混乱
もとい、2が12個並ぶ瞬間でした。
張り切って写真撮っちゃったよ。→ http://twitpic.com/14pz4k
スポンサーサイト

theme : 写真日記
genre : 日記

tag : 写真 三国志 京劇

昔のノート



■過去のこと■
大学のときのノートを見つけてパラパラめくってみた。
4年生のときのノートなのですが、授業部分は落書ばっかりw
人格がおかしい女性講師への愚痴も書いてあったよ。病んでるな、私も。
で、卒論メモも一緒のノートに書いてあったのだけど、
人生でこんなに字を書くことがあろうかってくらい書いてある。
特に西太后と毛沢東が熱いな。
手書きなのは、漢字変換が面倒だからです…
このノート、恥ずかしい落書もいっぱいあるけど結構自分で読んでて面白いや。
大事にしよう。



■BASARAのこと…にかこつけた何か■
7巻のジャケット来てた!
戦国BASARA 其の七 [DVD]戦国BASARA 其の七 [DVD]
(2010/01/06)
中井和哉保志総一朗

商品詳細を見る

ええもう…テレビでやってくれよとは思ったけどね…
今度実家に戻ったら、近所の豊栄神社行ってきます。毛利に詣でる。
室町・戦国の寺社仏閣もいいんだけど、やっぱり平氏関係の建物が好きだなー。
朱塗りの柱とか好き。赤間神宮好き。
[高画質で再生]

厳島神社

[広告] VPS
厳島神社も好き。回廊大好き。



■三国志のこと■
蜀の成都で三国志三昧(デイリーポータルZさん)
成都も行きたいなぁ。勿論上海も北京も。
おみやげ物が可愛いですが、ダイヤモンドゲームに乗っかってるフィギュアって無双…だよね?



さて、今週末から楽しいこといっぱい!

theme : ひとりごと
genre : 日記

tag : 京劇 写真 三国志

一騎当千しまくり

■無双5Empiresのこと■
暇を見つけてはやっています!
このブログがプレイ日記と化すくらいに!
あああああ楽しすぎる!
取り敢えず武将プレイは黄巾シナリオでクリアしたので、
今は…何のシナリオか忘れたけど君主プレイです。
シナリオに関係あるのかなぁ…。
取り敢えず一通り陸遜でプレイして、それが終わったらエディでプレイするんだ!
まだ2人しか作ってないけどね!

ところで、何で関平はずっと山賊に身をやつしているんだろうな。
お前何度目だよ!ってくらいに会う。何があったんだ…



■京劇のこと■
秋公演のお知らせチラシが届きました!
今度は4劇団がそれぞれ違う演目をするとか…
全公演見に行ったら3万円ですよ3万円…
麻生さんの貧弱なお財布が火を噴きますよ。テレビ台新調しようと思ってたのに!
三国志の演目もあるし(呂布と貂蝉)必見ではあるんだよな…
今月の公演も見に行くし、そういえば歌舞伎で西遊記やるのも見に行きたいし。
観劇貧乏再びかなぁ。久しぶりに。



ボーナスは一応出るみたいなのですが、その前に麻生の職場確保が怪しくなって来つつあります☆
後少しでも私含め誰かがミスしたらおしまいです☆
ボーナスどころじゃないよ☆
…マジで勘弁してください…

tag : 三国無双 三国志 京劇

最近のなにか

映画 三国志のこと■
先週の日曜日に見に行ってきました。
レッドクリフの陰に隠れてますが、こちらも三国志の映画化ですー
趙雲が主役のお話です。
長坂坡のあたりからえーと最後は良くわからないけど多分箕谷とかのあたり。
諸葛亮から囮を命じられるあたり。
ストーリーは何といいますか、普通というか。
個人的には改変されたというか、削られたエピソードなんかが気になりました。
まぁ演義準拠なのか正史準拠なのか知らないし。
ということで話はあまり気にしない方向で鑑賞。
そんでビジュアル面。
張飛がかっこいい…!かっこいいというか、童顔?
こんなに見た目の良い張飛を実写で見るのは初めてだ。
あと、芝がドレッドヘアでカッコよかった。途中まで誰だか解らずに趙雲よりも彼を追いかけてしまってた…
曹嬰っていう女性が曹操の孫として出てきました。
名前の読み方が『そうえい』なので二代目皇帝的な被せもあるんかしらなんて考えてみたり。
役者以外のビジュアル面はすっごく違和感でした。
まず、何故普通に僧侶の像らしきものがあるのかと。
仏教伝来して間もないし、そんなにメジャーな宗教でもないはずなのに何故仏教をチョイス…!
あと、あんなに金属を使いまくった鎧も微妙。兜が一番微妙。
騎乗シーンのバストアップがおかしい。絶対馬に乗ってねぇよ。
ラストのオチというか、戦いの決着のつけ方も悪い意味で笑えたし。
なーんか期待しすぎてがっかりです。
1000円の日に見に行ってよかったです。うん。



■映画 花の生涯-梅蘭芳 のこと■
CA3D0001.jpgCA3D0002.jpg

こちらは昨日見に行ってきました。
資格試験を受けに行った帰りに思い出して。
梅蘭芳は、あまり卒論でも調べなかったのですが、なかなかに波乱の人生を送られた役者です。
彼の演技を聞けないのは凄く損した気分ですよ京劇ファンとしては。
それでも文革前に亡くなってよかったのかもしれない。
いや、亡くなってしまっていたからこそ、あの悲劇が京劇まで及んだのか?
そうじゃないかもしれないけどそうかもしれない。
なんて御託は置いておいて。

すっごく面白かったです。
偶に話に置いてかれるというか、誰だよこの人は!ってのがありましたが。
青年時代の梅蘭芳役の人が妖艶でした。
妖艶というか、なんかもっと俗っぽくエロい。
最高。
歌もきれいだし。
書き切れないほどたくさん見所がありました。
チャン・ツィイーの男形っぷりもなかなか様になってました。

個人的には民国時代の風俗とかが結構好きなので見てるだけでワクワク。
普段着姿を見るだけでニヤニヤ。

あと、梅蘭芳の義兄との関係が凄く好きだ。
事前に見た特集ではチャン・ツィイーとの道ならぬ恋!とか言ってましたが、義兄との方がよほどか道ならぬ恋っぽかったよ。
片思いだけど。
そんなわけでうまく感想はかけないのですが、本当に観ていて楽しかったです。
観に行ってよかった。

ところで、私の隣に座ったカップルがアジア系ではない外国人で
『一体この人たちは字幕でストーリーを理解するのか音声で理解するのか』
と気になって仕方が無かったです。
日本人将校が出てきて日本語で喋るシーンは当然字幕なしだから、日本語で観ていたのかな。



■最近のこと■
と、こんな感じで珍しく映画を立て続けに観ました。
昨日は2万円の資格試験でした。
帰りに思い立って新宿で途中下車して映画にいける幸せ。
地元じゃ無理だなーとか思った。
地元好きだけど、こういうことが出来ないから帰りたくないんだな。
ということでさっき見つけた2chまとめ記事。
山口県クソワロタwwwwwwwwwたま速報さん)
>59
出せねーよwwww




■最近の嗜好■
PAP_0275.jpg
マルチレイドやってますー。
まだ呂布を倒すか倒さないかのあたりでぐずぐずしてます。
使用キャラは勿論陸遜です。
プレイヤー名を本名にしているので何となくおかしい気もしますがまぁいいや。
それからトラッシュカン。
中学生のころから藍川さとるが好きだったのですが、もう10年くらいコミックス出てなかったんだよね…
で、ノーチェックになってる間に新刊が出てたようで!
即家を飛び出して買いに行きましたとも!
一通り読んだけど、ちょっと作風変わった気がするなぁ。
好きだけど。
つい最近も読みきり漫画を雑誌に発表したらしいのでまたコミックスになることを祈ってます!
トラッシュカン (短篇集) (WINGS COMICS)トラッシュカン (短篇集) (WINGS COMICS)
(2008/11/22)
古張 乃莉

商品詳細を見る


ヘタリアのトレーディング何とやらも買っちゃいました。
中国出たよーへへへへ。
オーストリアさんがいないのが残念ですが、ハンガリーさんとプロイセンがいるのでよし!
プロイセン、弟大好きな一面を見てから結構好きだ!



久しぶりに記事を書くと備忘録が多くて長くなるなぁ。
それほどたくさんのものに触れたのは、いいことだと思うけれど。

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

tag : 三国志 映画 京劇

マンダリンオペラ

覇王別姫

■ミチコとハッチンのこと■
先週放映分の17話?で京劇俳優が出てきました!
わーいわーいアニメで見るのは初めて!
多分チャイナタウンっぽいところで、主人公を助けてくれた禿のおっさんが実は女形の歌い手だった、と。
おっさんの息子が「父ちゃんは旦なんだぜ!」って言っていたし。
旦、なんて音で聞いたところで何のことやらですが、京劇における女性役のことを言うのです。
若い女性だと青旦(青衣)とか、おばあさんだと老旦とか、武芸をする女性だったら武旦とか。
旦が活躍する演目で有名なのは覇王別姫でしょう。
今年の定期来日公演の演目も覇王別姫だそうです。
虞や虞や汝を如何せん、のあれです。
四面楚歌なアレです。
三国志の孫策に冠せられた称号、小覇王の覇王は、この覇王こと項羽です。
楽しみです!

肝心のミチコとハッチンのストーリーですが、ダラダラと小さな話を紡いでいるので飽きそうです…



■三国無双のこと■
マルチレイド体験版落として早速やりました。
すげーモンハンでした。
ていうか、自分の操作がモンハンに慣れ過ぎてて、最初は攻撃もおぼつきませんでした…わお。
りっくんの真・無双覚醒ことスーパーサイヤ人化は、小さすぎて今一分かりませんでした。
これは…テレビに繋いでやれってこと?
まだ陸遜でしかプレイしていないので、コンパチ脱した凌統とか使ってみようと思います。
体験版だけで発売日までもちそうだよこれ。



自分の趣味が思わぬ形でリンクするとテンションあがるなぁ。

theme : 自作イラスト
genre : アニメ・コミック

tag : お絵かき 京劇 アニメ

北京京劇院訪日公演 観劇日記。

行ってきました北京京劇院の訪日公演!
もうこの手の京劇公演に行くのはえーと10回目くらいなのですが、いまだにチキンなので『ハオ!』の掛け声ができない…
やー無理にするものでもないけど。

■火焼余洪■

女将軍(刀馬旦)ものです。
宋の覆滅を狙う妖術師v.s.尽国報忠な女将軍。
立ち回り中心の演目で、主人公の女将軍が非常に派手な衣装なのが印象的です。
いや…基本的に、京劇の衣装は目がチカチカする様な代物ですが。
今回の衣装は、何となくお祭りのときに着てそうやな…と思ってしまうような配色でした。
悪役の妖術師が、主人公の火計で焼き出されたところがあまりにも情けなくて笑ってしまいました。
一々髪が焼けただ髭が焦げただとアクロバットなりアクションをする妖術師。
切ないよ…
しかもそのまま終了。
まぁ今回はオムニバス形式の公演なので、丸々とお話が出来るわけではないのですが、まぁ可哀相な終わり方で。


■秋江■

これは結構有名な演目だと思います。見るのは二度目。
パントマイムで船に乗る二人をあらわす、というのが見所です。
思い人を追いかける尼さんが、船頭のおじいさんにさんざんからかわれながらも何とか追いつこうとするというお話。
尼さんは世間知らずで、船に乗るのも初めて。
そんな尼さんをわざとからかうおじいさん面白い。
尼さんにウザいとか思われてるけど面白い。
それはともかく。
これは派手な立ち回りはないけれど、パントマイムが秀逸な作品。
たとえば、船に乗り込んだときに揺れるさまや、舫を繋いだり漕ぐ動作、進んでいく様子が手に取るように分かります。
京劇は基本的に大道具を使いません。
大道具といえば一つの机に二つの椅子、というのが相場です。
今回はおじいさんが操る棒とオール以外は船を連想させるものはありませんが、確かに江を渡っていく船が見えました。
京劇に興味を持っているなら、一度は見たほうがいい演目です。


■西遊記~無底洞の巻~■

今回の目玉、『石山雄太氏』が孫悟空役をつとめた演目。
史上初(だよね?)外国人京劇俳優!
彼は幼いころに見た西遊記を自分でも演じたいと願い、その夢を叶えられた偉大な役者さんです。
すごすぎます。
中国人でも物心つくかつかないか位で修行に出されるのに、彼は高校卒業後に入門して大成したんだから。
私自身、彼の演技を見るのはまだ3回目です。
今回は悟空が活躍する、というよりはなぜか敵のネズミの妖怪がカッコよかったような気がします。
打出手という、武器をお手玉のように足やら腕やらではじいてポンポンとやり取りをする殺陣なんか一番の見せ場だったかと。
最終的に、追い詰められたネズミを悟空が後ろから不意打ちしたような結末に見えて何とも。
猪八戒の活躍は最高に笑わせてもらいました。
すごく面白かった!
面白いのに立ち回りなんか難しそうなことをサラッとやってるんだよなぁ…
と、目玉以外にばかり気が行った演目でした。
猫神も気になった…



次に京劇がくるのはいつかな。来年かしら。
私は京劇で一応卒論を書いたのですが、その執筆年はどうかと思うほど京劇に恵まれていました。
石山氏のその場でメイクしながらのトークとか見に行っちゃいましたもの。
いまだに造詣は深くならないけど、大好きだ京劇!

theme : 観劇
genre : 学問・文化・芸術

tag : 京劇

プロフィール

マリエ

Author:マリエ
中国史(古代・近代)軽いサイバーパンク・その他時代物が結構好き。
好きな作家は浅田次郎と宮城谷昌光。
好きな漫画はありすぎて書ききれないので、暇ができたら蔵書DB作ります。
よく聴く音楽はポルノグラフィティ、GO!GO!7188、昔の椎名林檎。

Twitter on FC2

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ユーザータグ

お絵かき 三国志 三国無双 仕事 写真 アニメ 小説 京劇 ばっちょんガールズ ポルノグラフィティ マジックアカデミー 宮城谷昌光 コードギアス 采配のゆくえ 旅行 戦国 春秋戦国 映画 その他日本史 ヘタリア 野梨原花南 電王 声優 戦国BASARA   漫画 ガンダム 浅田次郎 仮面ライダー 特撮 同人 母校 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。