09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のなにか

映画 三国志のこと■
先週の日曜日に見に行ってきました。
レッドクリフの陰に隠れてますが、こちらも三国志の映画化ですー
趙雲が主役のお話です。
長坂坡のあたりからえーと最後は良くわからないけど多分箕谷とかのあたり。
諸葛亮から囮を命じられるあたり。
ストーリーは何といいますか、普通というか。
個人的には改変されたというか、削られたエピソードなんかが気になりました。
まぁ演義準拠なのか正史準拠なのか知らないし。
ということで話はあまり気にしない方向で鑑賞。
そんでビジュアル面。
張飛がかっこいい…!かっこいいというか、童顔?
こんなに見た目の良い張飛を実写で見るのは初めてだ。
あと、芝がドレッドヘアでカッコよかった。途中まで誰だか解らずに趙雲よりも彼を追いかけてしまってた…
曹嬰っていう女性が曹操の孫として出てきました。
名前の読み方が『そうえい』なので二代目皇帝的な被せもあるんかしらなんて考えてみたり。
役者以外のビジュアル面はすっごく違和感でした。
まず、何故普通に僧侶の像らしきものがあるのかと。
仏教伝来して間もないし、そんなにメジャーな宗教でもないはずなのに何故仏教をチョイス…!
あと、あんなに金属を使いまくった鎧も微妙。兜が一番微妙。
騎乗シーンのバストアップがおかしい。絶対馬に乗ってねぇよ。
ラストのオチというか、戦いの決着のつけ方も悪い意味で笑えたし。
なーんか期待しすぎてがっかりです。
1000円の日に見に行ってよかったです。うん。



■映画 花の生涯-梅蘭芳 のこと■
CA3D0001.jpgCA3D0002.jpg

こちらは昨日見に行ってきました。
資格試験を受けに行った帰りに思い出して。
梅蘭芳は、あまり卒論でも調べなかったのですが、なかなかに波乱の人生を送られた役者です。
彼の演技を聞けないのは凄く損した気分ですよ京劇ファンとしては。
それでも文革前に亡くなってよかったのかもしれない。
いや、亡くなってしまっていたからこそ、あの悲劇が京劇まで及んだのか?
そうじゃないかもしれないけどそうかもしれない。
なんて御託は置いておいて。

すっごく面白かったです。
偶に話に置いてかれるというか、誰だよこの人は!ってのがありましたが。
青年時代の梅蘭芳役の人が妖艶でした。
妖艶というか、なんかもっと俗っぽくエロい。
最高。
歌もきれいだし。
書き切れないほどたくさん見所がありました。
チャン・ツィイーの男形っぷりもなかなか様になってました。

個人的には民国時代の風俗とかが結構好きなので見てるだけでワクワク。
普段着姿を見るだけでニヤニヤ。

あと、梅蘭芳の義兄との関係が凄く好きだ。
事前に見た特集ではチャン・ツィイーとの道ならぬ恋!とか言ってましたが、義兄との方がよほどか道ならぬ恋っぽかったよ。
片思いだけど。
そんなわけでうまく感想はかけないのですが、本当に観ていて楽しかったです。
観に行ってよかった。

ところで、私の隣に座ったカップルがアジア系ではない外国人で
『一体この人たちは字幕でストーリーを理解するのか音声で理解するのか』
と気になって仕方が無かったです。
日本人将校が出てきて日本語で喋るシーンは当然字幕なしだから、日本語で観ていたのかな。



■最近のこと■
と、こんな感じで珍しく映画を立て続けに観ました。
昨日は2万円の資格試験でした。
帰りに思い立って新宿で途中下車して映画にいける幸せ。
地元じゃ無理だなーとか思った。
地元好きだけど、こういうことが出来ないから帰りたくないんだな。
ということでさっき見つけた2chまとめ記事。
山口県クソワロタwwwwwwwwwたま速報さん)
>59
出せねーよwwww




■最近の嗜好■
PAP_0275.jpg
マルチレイドやってますー。
まだ呂布を倒すか倒さないかのあたりでぐずぐずしてます。
使用キャラは勿論陸遜です。
プレイヤー名を本名にしているので何となくおかしい気もしますがまぁいいや。
それからトラッシュカン。
中学生のころから藍川さとるが好きだったのですが、もう10年くらいコミックス出てなかったんだよね…
で、ノーチェックになってる間に新刊が出てたようで!
即家を飛び出して買いに行きましたとも!
一通り読んだけど、ちょっと作風変わった気がするなぁ。
好きだけど。
つい最近も読みきり漫画を雑誌に発表したらしいのでまたコミックスになることを祈ってます!
トラッシュカン (短篇集) (WINGS COMICS)トラッシュカン (短篇集) (WINGS COMICS)
(2008/11/22)
古張 乃莉

商品詳細を見る


ヘタリアのトレーディング何とやらも買っちゃいました。
中国出たよーへへへへ。
オーストリアさんがいないのが残念ですが、ハンガリーさんとプロイセンがいるのでよし!
プロイセン、弟大好きな一面を見てから結構好きだ!



久しぶりに記事を書くと備忘録が多くて長くなるなぁ。
それほどたくさんのものに触れたのは、いいことだと思うけれど。
スポンサーサイト

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

tag : 三国志 映画 京劇

赤壁ストライブ!

新規ページ

■漫画の赤壁のこと■
遅まきながら先月出ていた三国志漫画、赤壁ストライブを読みました。
何だか孫権が情けなくカッコよく、周瑜が青臭く、そして陸議こと陸遜が悩める腹黒青年でした。
麻生としては、恐らくこの作者が入れたであろう創作の部分が非常に好みだったのでよい漫画に巡り会えたと思います。
何気なく尚香が可愛いし。
黄蓋じーちゃんも良い味出してるし程普じーちゃんも良いツンデレだ。
またこの人が呉を題材に漫画描いてくれると良いなぁ。

赤壁ストライブ (MFコミックス フラッパーシリーズ)赤壁ストライブ (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2008/10/23)
中島 三千恒

商品詳細を見る



映画の赤壁のこと■
封切り日に池袋まで見に行きましたレッドクリフ!
事前に聞いてたようにお話は詰め込んでいましたが、それでも前哨戦で終わる盛り沢山ぶり…
ちょっと戦いの動機が嫌いな類…というか悪い感じでジョン・ウーな感じなのが今一…
小喬を戦いの動機にするなら銅雀台のあれをちゃんと出してほしいかなぁとも思いつつ。
俳優陣は意外としっくり来ていました。
特に不安だった金城孔明も飄々とした良い若者になっていました。これはこれであり。
麻生は兎に角孫兄妹が好みです。
戦いを前に悩む孫権がカッコよくて…きゅんです。
もう一度くらい見に行ってもいいかも。と思えるくらいの映画でした。三国志補正含めて。
第二部は4月ですが待ちきれん!



■宮城谷三国志のこと■
やっぱりすぐには読み終わらないー
まだ曹騰が少ししか出てこない。というか、そこで停止して今はうまなみ三国志読んでます。
宮城谷三国志を読むと、流れが理解できるような気がする。
今まで、ただ『腐敗した後漢王朝』だの『宦官による濁流政治』だのの言葉でしか把握していなかったけれども、
宦官が台頭することになったきっかけ、同じく外戚の台頭、そして王朝の中の空気がより深く解った気になります。
解ったかどうか微妙だけど。
雑誌で追いかけてないので続きを読めるのは10ヵ月後くらいなのが辛いよ…

三国志 第1巻 (1) (文春文庫 み 19-20)三国志 第1巻 (1) (文春文庫 み 19-20)
(2008/10/10)
宮城谷 昌光

商品詳細を見る


うまなみ三国志 (MFコミックス フラッパーシリーズ)うまなみ三国志 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2008/10/23)
大澤 良貴荒木 風羽

商品詳細を見る




では、おやすみなさい。

theme : 自作イラスト(二次創作)
genre : アニメ・コミック

tag : 三国志 お絵かき 宮城谷昌光 映画

さらば!

見てきました仮面ライダー電王映画第三弾!
『さらば電王
見る前からみんなで、「本当にこれで終わるのか…?」「どうせ続きが…」とか良いながら見てたら。
思いっきり冒頭でネタにしていたね。
うん…続きがあってもなくてもどっちでも良いような気がしてきた。
どっちも違和感ないもの。



続きを読む

theme : さらば仮面ライダー電王
genre : 映画

tag : 電王 声優 映画

プロフィール

マリエ

Author:マリエ
中国史(古代・近代)軽いサイバーパンク・その他時代物が結構好き。
好きな作家は浅田次郎と宮城谷昌光。
好きな漫画はありすぎて書ききれないので、暇ができたら蔵書DB作ります。
よく聴く音楽はポルノグラフィティ、GO!GO!7188、昔の椎名林檎。

Twitter on FC2

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ユーザータグ

お絵かき 三国志 三国無双 仕事 写真 アニメ 小説 京劇 ばっちょんガールズ ポルノグラフィティ マジックアカデミー 宮城谷昌光 コードギアス 采配のゆくえ 旅行 戦国 春秋戦国 映画 その他日本史 ヘタリア 野梨原花南 電王 声優 戦国BASARA   漫画 ガンダム 浅田次郎 仮面ライダー 特撮 同人 母校 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。