03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いたしてきました。

李儒

■吉川英治三国志のこと■
また最近、通勤中の読書を再開しました。
よーやく吉川英治三国志もクライマックスです。北伐ですよ北伐。
麒麟児も出てきて泣いて馬謖も斬られて周魴君に曹休君がいっぱい食わされたりもしました。
…石亭アッサリ過ぎて、麻生の陸遜分(生活に必要な栄養分)は不足しっぱなしです。
ちっくしょう。
そんな最近の読書展開とはあまり関係なく、李儒。
一巻の、弘農王と何太后を董卓の命令でバッサリやってきたときの李儒が衝撃過ぎました。
血糊もべったり付いたまま、首を抱えて「丞相、いたしてきました」って!
猟奇的で素敵です。
董卓側近の奴らは小物だけど、残虐な面があって魅力的です。見っとも無いのが大半だけど。



三国無双のこと■
もいっちょ三国志
無双系のゲームが発売ラッシュ過ぎてすっかり忘れていたけど
マルチレイドって今月発売だったんだ…!
今日CMはじめて見て思い出した!
スーパーサイヤ人化して無双武将が突飛過ぎて脳内消去してたのか…
陸遜は適度に気持ち悪くなってました。凌統も。
尚香は良かったんだけどなぁ…
んで、3月になったらオロチですよー
両方とも持っているので目新しくは無いんだけど、HD画質で4の衣装・武器でプレイできるのが楽しみ。
更に発売日未定だけど5エンパ!
コレが一番楽しみだー!
早く春秋戦国祭りを開催するんだ…!
エディット100人出来るかな♪ですよ!



采配のゆくえのこと■
クリアしました。
何というか、ゲームとしてはいまいちでしたが、戦国時代に少しは興味を持てたような気がします。
大谷義継とか!
宇喜多秀家とか!
えーとあとはいいやもう!
日本の戦国時代はそこまでのめり込めないんだよなぁ…
鎌倉とか、幕末とか、平安とかはいけそうだけど。
ややこしいのがいけないんだろうか…
あと地元が地味なのもいけないんだろうか…
大内のお殿様は滅びちゃうもんなぁ。
毛利は好きだけど、のめれない。前のめれない。



■天地人のこと■
もう一個戦国
大河ドラマ、今まで意識してなかったけど何となく怖いことに気が付いた。
『愛の人』ってテーマを前面に押し出されたらげんなりするよ…!
前回の、『敵にも母親がいることを考えてしまって敵を切れない兼続』
ってのが何だか不穏な空気を醸していて!
あのままの人格で行くと嫌過ぎる。
そんな戦国時代嫌だ。
もっと殺伐として、人殺しが決して悪ではない価値観の世界じゃなければいけないんだ。
というか少し調べたんだけど、地獄まで死人をとりに行かせるのエピソードとか面白そうだけど採らないだろうなぁ。
ひっどいもんなぁ。
愛の人って愛染明王ってことだよねぇ。
愛染明王って愛欲の神様だけど、水商売の女性に信仰されたりする神様なんだって。
何となく、昨今流行の純愛系で押されてきそうな気がする。
やめてほしい…



肩こりが酷いけどマッサージに行く金が無い!
スポンサーサイト

theme : 三国志
genre : 学問・文化・芸術

tag : お絵かき 三国志 三国無双 采配のゆくえ 戦国

分類不可能雑記

ken.png

お絵かきのこと■
またお絵かき。孫権仲謀。酒浸りの晩年暗君。陸遜を憤死させちゃうイケナイ野郎です。
一ヶ月ばっかしあんまり絵を描いたり好きなことが出来ない時期があって、今でもそのときの無気力な感じを引きずっています…
ので、絵を描くにも一苦労。
嫌いではないんだけどね…
少しずつ描いていこうと思います。
ところで、ちゃんと描くならもっとサイズを大きくすればよかったと後悔。
まぁ下書きはあるのでなぞり直せば良いのか。



■レッドクリフのこと■
今週末見に行きます!
職場にもう試写会行った人がいて羨ましい限り…
ストーリーをあまり気にせず、映像美だけに期待しながら見に行こうと思います。
そうしないと大体ガッカリする。
職場の人がやたらとストーリーを教えてくれるのですが、結構詰め込んだ感がするようで。
ガッカリしませんように…
不安なのでノベライズ版もまだ未読です。
そっち読まずに宮城谷三国志を明日から読むんだ!文庫版!
曹騰可愛いよ曹騰。



ポルノグラフィティのこと■
今日、家に帰ったらファンクラブの封筒が届いてた。
ハルイチの結婚報告やったー
手書き文字可愛いなぁこの人。
結婚おめでとうございます。
末永く幸せになってください。
決してスキャンダルになるようなことをしませんように…
ところで、ジャンプを立ち読みしたら一番最初のページにポルグラがいてビックリしたよ。
そうだった主題歌だった。



■容疑者Xの献身のこと■
読み終わりました。
石神の所為か全体的にねっとりとしていましたが、面白かったです。
あまりミステリは読まないのですが、もっと大きなどんでん返しがあるものと思ってたので呆気無く終わった感じがしました…
容疑者『X』に期待をかけすぎたようですよーほほー
個人的に、友達失くしたくない大の大人二人が微笑ましかったです。
献身については、まぁ想像通りだしなぁ。
また機会があったらシリーズ読んでみようかしら。



今日は少し早めに寝ます。

theme : 自作イラスト(二次創作)
genre : アニメ・コミック

tag : 三国無双 小説 お絵かき ポルノグラフィティ

恋愛とは何者か?

我に捧げよ至高の愛 (コバルト文庫 の 3-39)我に捧げよ至高の愛 (コバルト文庫 の 3-39)
(2008/10/01)
野梨原 花南

商品詳細を見る

この前の日曜日、この『我に捧げよ至高の愛』を買った。
私は中学生のころからこの『魔王シリーズ』の前身、『ちょーシリーズ』が好きだから。もう10年も読んでるから。
1もなく2もなく買った。
…シリーズ、一冊ぶっ飛ばしてた…
しかも気がついた、というか確信したのは後書読んでから。遅いよ。
という訳で、3日間かけてようやく探し出した、この前に出た既刊『首領に捧げる子守唄』も買って読んだ。
以下、感想。



魔王・八翼白金が恋愛をするためにあれやこれやとするのが今回のお話。
そもそも、恋とは何ぞや?愛とは何者ぞ?という問いに答えられる人が一体どれだけいることか。
そして答えられるほど確固とした考えを持つ人だって、それを人に納得させるのは至難の業だよなぁとか思いました。
恋とは所有欲の成れの果てか?
愛とは優越感の建前なのか?
八翼白金の行動の動機がそのまま、この問いの答えになるんだろうね。納得するしないに関わらず。
これは楽しみ。
このシリーズの前のシリーズでいうと、タロットワークのジオに対する執着とか、ダイヤの愛情の表し方とか、
アラン王子の身の処し方とか大好きなエピソードがたくさんあるので今回も楽しみです。



そんで、前シリーズからの出演、サファイヤがいい感じに育ってて良いです。
オニキスとオパールの間で苦労してそうだもんな…



中学生のころからひっそりと、『アニメ化するんだったらパリスは優希比呂が良いなぁ…』と妄想してました。
今からでもアニメ化…しないか。
ドラマCD聞いて我慢します…

theme : こんな本を読んだ
genre : 本・雑誌

tag : 野梨原花南 小説

プロフィール

マリエ

Author:マリエ
中国史(古代・近代)軽いサイバーパンク・その他時代物が結構好き。
好きな作家は浅田次郎と宮城谷昌光。
好きな漫画はありすぎて書ききれないので、暇ができたら蔵書DB作ります。
よく聴く音楽はポルノグラフィティ、GO!GO!7188、昔の椎名林檎。

Twitter on FC2

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ユーザータグ

お絵かき 三国志 三国無双 仕事 写真 アニメ 小説 京劇 ばっちょんガールズ ポルノグラフィティ マジックアカデミー 宮城谷昌光 コードギアス 采配のゆくえ 旅行 戦国 春秋戦国 映画 その他日本史 ヘタリア 野梨原花南 電王 声優 戦国BASARA   漫画 ガンダム 浅田次郎 仮面ライダー 特撮 同人 母校 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。